Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0499363/omizu-concierge.com/wordpress-3.9.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/functions.php:357) in /export/sd201/www/jp/r/e/gmoserver/6/3/sd0499363/omizu-concierge.com/wordpress-3.9.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
オミズコンシェル https://omizu-concierge.com 水商売の総合サポートサービス Mon, 25 Dec 2017 07:26:26 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.2.30 体の関係を求められた時の対処法 https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-36/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-36/#comments Fri, 16 Sep 2016 03:00:56 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2433 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は北新地でホステスをしている20歳です。
年若いせいか、容貌のせいか、立ち振る舞いのせいか、
私に人間的な魅力の無さでしょうが、
過去の記事でも他の方からの質問がありましたが、
直接的な言葉で夜のお誘いを受ける事が多いです。
体の関係は一切もっていません。
(そのため、同伴、動員は、できてもすぐに切れます。)

そこから人としてのお付き合いに発展させる、
などの解決策を提示していらしたのを拝見し、
それを目標に頑張ろうと思いました。
しかし、(全く持って初歩的ですが…)
その場の、会話の中での
ノリを壊さないかわし方がわかりません。
香織さんなら、どうやって受け答えしますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず、夜のお誘いにのっていないから、
お客様がリピートしてくれないわけではありません。

それは逆を返すと、常連さんの多い女の子はお客様みんなと
そういうことになっていると・・・それは大変な事態です!!(笑)

とはいえ、誘われるのはなぜか、誘われた時の対応は、
永遠のテーマですよね。

プロと素人の明確な差が出るのがこのあたりかと。

まず、お誘いをされても、そのこと自体は私なら何とも思いません。
なんというか、お客様流の挨拶みたいなものと認識します(笑)

そして、ここからゲームのスタートなわけです。
お客様は、手ごわそうな相手を打ち負かすゲームをするために、
お金を払って飲みに来ています。

もちろんそうじゃない人は多いですが、誘う方は大体そうです。

ゲームセンターのゲームと同じ。
それをリアルでやりたいのでしょう。

だから、極力、面白くすることを考えます。

そのためには、お客様はなぜ誘うのかを知る必要があります。

何度も言いますが、ただ単に性的欲求を満たしたいだけであれば
風俗にいった方が結果的にはよほど安上がりでしょうから、
そうではありません。

もしくは、本気でその子と恋愛をしたいかというと
多くのお客様には、奥様や彼女がいるわけなので、
それを壊してまで恋愛をしようと思う方はいないでしょう。

それが前提です。

そして、誘う理由は、女の子の反応を見たいからです。

誘いにすぐにのってきたら、「まぁ、ラッキー・・・」くらいには思うのでしょうけど、
魅力は感じませんね。
誘いを断ったら、「コイツ俺をもて遊ぼうとしているな。」と、思うのでしょう。

だから、もちろんどちらもNG。

そして、贅沢を言えば、慣れた感じの受け流しも
「こいつ、プロだな。俺じゃ無理かもしれない。」
というのでもNG。

あくまでも、一人の若くてかわいい清楚で健気な女の子が
自分のことが大好きで、付き合うことになるのだけど、
「奥様と別れて。」なんて言わない、物分かりの良い女で・・・
というのが男性の自分勝手な理想像です。

そんなうまい話、ないに決まってるだろう!と言ってしまえばそれまでですが
極力そのゲームを楽しませてあげようではありませんか!

一度そういったきわどい段階を経て、関係性を男女から、人と人との信頼関係へと
発展させていくわけです。

だから、そんなに簡単に受け流してしまってはダメですね。

ドギマギしながら(←もちろん演技ですが)
「え、、、そんな、、、嬉しい。恥ずかしい。それは、私のことを好きってことかしら。
それなら、あなたのことをもっと知りたい。
だから、もっと会いましょう。もっと誠意を見せてほしい。(=お金を使ってほしい。)」

ということになるわけですね。

実際、大好きな彼氏が、口では好きだと言っていても、
デート代を全部あなたに払わせていたら、
「あれ?好かれていない。」 と思うでしょう?
誠実じゃない人と、付き合えませんよね。

お客様も同じです。

そして、沢山会っているうちに、相手の尊敬できる部分を見つけ、
心から尊敬し、それを伝えているうちに、
男女関係じゃなくても、敬意を払うべき信頼関係を築けるはずなのです。

きっかけはどうであれ、全部が全部、小手先や、うわべだけであしらおうとすればするほど、
深みにはまる気がします。
まずは、そのお客様を一人の社会人として、
または人間として、心から尊敬するところからだと思います。

お酒の席ではふざけたことばかり言っている人でも、
お仕事の場ではすごい人だったりしますしね。
本当はとっても優しい人だったりもします。

20歳のご年齢にはちょっと高度なお話なので、
全部をご理解いただかなくても良いですが
(これが絶対正しいというわけでもありませんし)

お客様の心を動かすためには、まずは自分の心を動かさなければいけません。

意外なことに、根本的なところは、綺麗事の世界だと私は思います。
騙し騙され、ということだけでは、長期的な成功は遠いかと。

是非あなの人間力でお客様を引き付けてみてください!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-36/feed/ 0
効果的なメールの文章 https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-35/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-35/#comments Fri, 09 Sep 2016 03:00:54 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2431 何度も繰り返してしまうようですが、
「なんて送って良いかわからないから、送らない。」よりは、
文章なんて何でも良いから「とにかく送る。」という方が百倍マシです。

何のアプローチもなければ、あなたの存在は、ないも同然
完全に忘れられたままです。

しかし、何でも良いので、メールをすればまずはスタートラインに立てるということです。

それでも、どうせ送るなら効果的なメールを送りたい、という気持ちはわかります。

いつもやり取りしているお客様とのメールなら、なんとなく作れるけれど
反応のない方にはなんてメールしたら良いの?ってことですよね?

①返信のない方には文章を変える必要ないんです。
※接客後すぐのアプローチに関しては、接客中の内容を盛り込んで、
個人ごとに変えた方が良いですが。。。

②自分の近況&それに対する自分なりの思ったこと。
※あなた自信の人となりがわかる文章を入れる必要があります。
「芯」がしっかりした「良い子」だな、と思われる内容で。
ただし、あまりにも自分の主張が多すぎると、「はぁ?だから?」と思われてしまうので、
控えめに。(1~2文くらい)

③数回に一回は、お食事などのお誘い
※返信が全くない方が、自分のお店にいきなり来てくれるということは
ほとんどないでしょう。お客様が、お店の住所を地図で調べて、地図を頼りに
来店してくれる、なんてこと、想像つきます?
それよりは、外でお食事をして、お食事が楽しかったら同伴してあげうようかな、
と思っている方は多いと思います。(それならお店に入りやすいですし)

④相手への気遣いでしめ。

文章は長くなくて良いです。
(女性はダラダラと長いメールをしてしまいがちですが、逆効果な場合が多いようです)

大前提として、送信先が少なくとも100件、平均500件、ママクラスは1000~5000件、
という数値であることをお忘れなく。
(数が足りない場合には、とにかく集めてください)

では、早速今日からのメールに使ってみてくださいね!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-35/feed/ 0
効果的なメールの法則 https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-34/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-34/#comments Fri, 02 Sep 2016 09:31:28 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2429 効果的なメールを教えてほしい。

私に一番多い相談ではないかと思う。

まず、前置きが3つある。

(1)効果的なメールとは、返信の多いメールではない。
来店につながるメールのこと。

(2)効果的なメールに悩み過ぎて何も連絡をしないよりは
どんな内容であっても、メールをする方が100倍ましであるということ。

(3)メールで再来店率をアップしても、その後の接客やアフターフォローによっては
結局二度と来店されない、ということが多々あること。

メールは、人それぞれ、ニュアンスや、関係性で
言葉遣いや表現方法が変わるので、
今までの自分のメールの延長で問題ないと思う。

その上で、普段リアクションのない方へのメールは
下記の6点を押さえておくこととをお勧めします。

①相手への気遣い
いわば相手にとっては、ほとんどメリットのないメールが
大抵は、忙しい仕事中に送るメールなのだから
当然気遣いを忘れてはいけない。

「お仕事お忙しい中、お邪魔してすみません。」
「今朝は寒かったですが、風邪などひいてませんか?」

②自分の近況報告
できるだけプライベートに触れる具体的な内容が良いです。

「私はこの週末、母と箱根の温泉に行ってきました。
家族旅行は何度も行っていますが、母と二人の旅行は今回が初めてだったので
なんだか照れくさかったです。そして案の定、結婚しないのか、と
旅行中何度も突っ込まれましたが(;´Д`)」
・・・みたいな・・・

※この近況報告が重要で、
・この子いい子だな
・この子、意外としっかりしているのだな

信頼を獲得するために、人となりや価値観をさりげなく伝え
自分のイメージ像を相手の頭の中に作ってもらうのです。

一説によると、水商売で受けの良い女の子は
ポジティブなのだけど、過去などにどこか影がああって、どちらかというと不幸な運命・・・
な感じの方が良いそうです(笑)

私は、そんなキャラ作りは無理ですが。

③相手と会った時の会話の内容を覚えていたら、それに触れる内容を書く

「そういえば、●●さんは釣りがお料理をなさるのでしたよね?
私も最近料理に凝っていて、●●さんほどお上手じゃないですけど、
一日一回は自炊するようにしているんです。お料理って、やりだすと楽しいですね♪」
・・・とか・・・

④一度会う約束を取り付ける(都合を聞く)
これも営業戦略によりますが、ハードルを下げてあげるのもお勧めです。

ホステス=お金がかかる。高級レストランに連れていかなければ不満がられそう。
というイメージがある場合が多いので。B級グルメに誘うとか、ありだと思います。
正直、食事の内容なんて、ほとんどどうでもいいじゃないですか!?
同伴してくれればどこで美味しい☆(笑)

「先日、お友達から美味しいおでんのお店を教えてもらったんです!
●さんと日本酒飲みながら、寒い冬におでんなんて素敵んだなァ、、、と思うのですが
●さんは、今月お食事できるお時間なんてありませんか?」
・・・などなど・・・

絶対ゲットしたい大物そうなお客様なら、むしろこちらからご馳走してしまうなんてのは
銀座の技です。
その際は、もちろん、相手に気づかれないうちにトイレに立ったついでに
お会計が「粋」ですよ!

普通の男性なら、この「借り」は何倍にもして返してくれるはず。

⑤相手の名前を少なくとも3か所は入れる。

理由1:例え内容はコピペでも、名前が入っているだけで
自分だけに送ってくれたメールに見えるから。

理由2:もしも「これみんなに送っているに違いない」と思ったとしても、
名前が入っているだけで一生懸命さが伝わるので悪い気はしないから。

⑥最後に、重要なポイント!
あまり長くし過ぎない。

女子は、長くしすぎちゃうんですよね。

上記を全て完璧に入れようと思うと確かに長くなりますが
これは毎回全部入れる必要はなく、メリハリをつけて、
でも定期的に送り続ける、という意味です。

携帯メールをPCからのメール拒否にしていて、
「メールを送ったのに返信が来ない!」(そりゃこないわ!)と
嘆いている初歩的なミスを犯している方も
少なくないようですので、お気をつけて!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-34/feed/ 0
【重要】お客様が来店されない3つの理由 https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/middlelayer-13/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/middlelayer-13/#comments Thu, 11 Aug 2016 15:00:24 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2425 一緒にお話した時は、あんなに楽しそうだったのに、
なぜ、再来店してくれないの?

あなたも、そんな風に思ったことはないでしょうか?

下記、あるお客様の心の内・・・

①忘れている

あなたもご経験ありませんか?

とっても美味しいレストラン。
なのに、なんだかもう一度行く機会がないような。。。

あの時は、あんなに感動したのに…。
・・・そう、感動は忘れてしまうのです。

そして、そうこうしているうちに、また新しい興味のあるお店の出現!

②感動は薄れる。

その場では、すっごく良い!と思っていたものでも、
時間が経つとそうでもなくなる。

③きっかけがない。

行こう、行こうと思っているレストラン。

でも、家から近いわけでなければ、中々いつ行くか、の
きっかけがなければ足が向かない。

きっかけがあった時に忘れていたら、さらに次のきっかけまでチャンスがない。

あなたも経験ありませんか?

逆に、その場で楽しそうではなかったのに、
意外と来店をしてくださるケースもある。

⑴その後のメールが良かった。

接客中に感じが良いのは当たり前で、(仕事だし、お金を払っているので)
お店を出てからも、丁寧なお礼メールやマメに気遣いのメールがあると、高感度アップ。

⑵ちょうど近くにいる時、お店を探している時に連絡があった。

タイミング良かったよ!お客様に言われたことありませんか?
タイミング、、、「運命♪」、、、というよりは
つまり、タイミングとは「数打ちゃ当たる」という意味です。(笑)

ついうっかり登録してしまった、牛角のメルマガ会員。

解除するのも面倒だったので、放置していると、
2週間に一度メールが来る。

「上カルビ半額!」

焼き肉なんて食べる気はなかったのに、
「カルビかぁ・・・」と頭の中にカルビとビールが浮かぶ。
すると、、、なんだか、食べたくなってくる。

そんなもんです。

水商売も一緒です。

相手が不快に思わない程度に、不快に思わない内容を
定期的に送る。またはお電話する。

ただ、「なんで私のお客様、来ないのだろ。」と待っていても、
絶対に来ません。

お客様に再来店していただくには、
マメな連絡。その方法しか、ない、と断言します。

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/middlelayer-13/feed/ 0
お客様の思い描く理想のホステス https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-33/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-33/#comments Thu, 04 Aug 2016 15:00:52 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2422 ニーズ?を理解しているか、していないかで、行動は変わります。
ただし、ニーズに沿う必要は必ずしもありません!(笑)

容姿はそこそこ綺麗で、
良識のある普通の家庭で育ち
ある程度良い学歴で(できればお嬢様学校)
男性経験はあまり多くなく
銀座に来たのは、将来の夢を叶えるためで
人気者だけれど、謙虚で奥ゆかしく
自分のことだけを好いていて
自分だけを特別扱いしてくれて
既婚であることに文句を言わず
数年くらい素敵な恋の思い出を作ったら
あまり好きではない年相応の男性と結婚し
(≒◯さんが一番だけど、結婚しているから)
関係が途絶える

こんな都合の良い女がお客様の思い描く理想のホステスです(笑)

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-33/feed/ 0
たまにお礼メールをすると、普段忘れていたと思われてしまう!? https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-32/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-32/#comments Thu, 28 Jul 2016 15:00:06 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2419 だから、お礼メールは徹底してしない、と!

最近こんなお話を聞きました。

確かに、私自身そんな考えを持っていた時期もありますので、
わからなくもない理論です。

しかし、私は気がつきました。

お客様は、ある日、ふと誰かに連れて行かれたお店で
かなり丁寧で熱心な営業をされて、いずれそのお店の子に
乗り換える、ということに!

しかも、それはかなり高確率であり得ます。

ついでに言うと、
リピーターはただでさえ(頑張っていても)一定確率で、離れていってしまうのに
努力どころか、自分の明らかなる手抜きでお客様を逃してしまうとは、大ダメージです。

且つ、この営業方法では、新規顧客の獲得もできないので、
確実に不のスパイラルにはまってしまう、ということになります。

何はなくてもお礼メール。
ホステス業で一番大切と言っても過言ではありません。

「はっ!」と思ったあなたは、いますぐその方にお礼メールを!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-32/feed/ 0
会話を盛り上げるためのたった一つの褒めポイント https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-31/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-31/#comments Thu, 21 Jul 2016 15:00:52 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2416 緊張して、何を話せばよいかわからない。
なかなか会話が盛り上がらない。
次につながる会話になっていない気がする。

会話に関する悩みは、新人でなくても大きいようです。
特に、これは得手不得手がはっきり分かれるようで、苦手な人はいつまでも同じ悩みを持ち続けます。

まず始めにお伝えしておきたいことは、会話が苦手でも売上はそう変わらない、ということと
実際話し上手と思われる方はほんの一握りであることです。
ママという立場になるためには、必須条件な気はしますが、要するにそのような位置づけなのです。

ですから私は特に初対面の際には、下記のことを達成することが最初で最後の会話の目的であると伝えています。

1、何がなんでも連絡先をもらうこと
2、できれば次の具体的な約束(来店じゃなくて外の約束でも)を取り付けること

そこに集中していれば、極端な話会話はどうでも良いとお伝えすることもあります。
会話の方向性的には上記が理想である主張は揺るぎませんが、
とはいえ、それだけでは間が空いてしまうことも確かにあります。

そんな時、何をどのように質問すれば盛り上がる会話になるのでしょうか?

ホステスの会話の基本は聞くことです。
自分の話を永遠にしている女子は論外です。
なぜなら、お客様は初対面のあなたになんて、絶対に興味はないからです。

では、聞き上手とはどういうスキルなのでしょうか。
それは、褒めるポイントを聞き出すことです。
では、どういう質問が褒めポイントを引き出すことになるのでしょうか。

端的に言うならば、普通でないポイントを見つけることではないかと思います。
日本人は、「普通」を望んでいるようで、実際自分が「普通」と言われるととても悲しい気持ちになります。
むしろ、良いだけじゃなくて、悪いということでさえ「普通」よりはマシなのです。

だからこそ、その方の普通じゃないポイント(通常は良いところ)を見つけて、それについて
深堀していくというのが、初対面の会話が盛り上がるポイントではないかと思うのです。

それは、趣味であったり、ファッションであったり、お仕事であったりしますが、
恐らくそんなに心配しなくても、自分の聞いてほしいポイントを何となくヒントを投げかけてもらえるものです。
浅~く聞いて、「ん?」という気になるポイントが見つかったら深堀してみる、それを数回繰り返しているうちに、
その方のツボの「普通じゃないポイント」が見つかるでしょう。

ツボを見つけたら、徹底的にそこを攻めます。
会話のバラエティなんて考えなくて良いです。一点集中。

是非、お試しください。

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-31/feed/ 0
お酒の勢いの色っぽいハプニング!?次の日のお礼メールは? https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-30/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-30/#comments Thu, 14 Jul 2016 15:00:13 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2411 上客のお客様が、酔った勢いで、色っぽい事態に・・・。
タクシーの中での接近戦・・・。

みんな言いませんが、実は良くあることのようです。

そんな次の日、どんなお礼メールをしていますか?

NGの一例です。
「あの晩の熱い抱擁の温もりが、今朝も私の脳裏に・・・」

お礼メールもさることながら、今後の会話でも、
忘れたことにしておきます。

間違っても、
そんなことは書いちゃあだめです(笑)

なかったことに!
いつもと同じお礼メールで良いのです。

触れないことで、二人だけのドキドキの秘密の共有、
ミステリアスな関係にもできますしね。

何を考えているか掴みきれないミステリアスな女性でいてくださいね!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/newcomer-30/feed/ 0
苦手な作業を最速で終えるために一番大切なこと https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-4/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-4/#comments Mon, 11 Jul 2016 15:00:34 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2408 これ、したくないなぁ、、、
面倒だなあ、、、
苦手だなあ、、、

私なんて、毎日のようにあります。

それを、やるかやらないかは、意志の力なんかではないのです。

意思を強くする、ということは性格を変える、ということと同じで
努力で解決できない場合がほどんどです。

誰だって、苦手なことをやらなければいけない時にはストレスを感じますし、
逃げたくもなりますし、面倒だと思うことは沢山あると思うのです。

そんな中で、できる人とできない人に分かれるのも現実です。
できる人は何をしているのか。

できる人は、書き出しています。

 
① その日の朝イチでやるべきことをリストアップします。

② そこに優先順位をつけていきます。

③ 優先順位に基づき、それを大体何時何分から何分間で実行するか、を決めます
ここで、若干余裕を持ったスケジュールにしておくことが挫折を防ぐコツかもしれません。

④ 終わったら、チェックを入れるか、棒線で消します。
一日の終わりに全部に棒線が入った時の達成感は快感です。

 
どんな些細なことでも、書きだすことは重要です。

 
些細なこと、、、例えば、
【メールの返信】という項目の下に、
返信するべき人の名前を羅列する、など
それは、その場(実行するべき時間)で考えることに時間を使わないためです。

その時間になったら、ただひたすら、作業としてこなしていく、
という感じ。

 
意思の力でなく、書き出す、ということで毎日を充実させてくださいね!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-4/feed/ 0
指名が重なってしまった時に、お客様を怒らせない秘密の方法 https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-3/ https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-3/#comments Thu, 07 Jul 2016 15:00:55 +0000 http://omizu-concierge.com/?p=2406

お客様が重なってしまった時に、なんと言ってなだめたら良いですか?

いやぁ、素敵な悩みです(笑)

重なってしまう時は重なってしまうし、暇な時は暇。。。
そんなタイミングが悪いこともありますよね。

そもそも、なだめる以前に、怒らせない方法をご紹介します。

お客様はどんな時に怒るのか。
なぜ、怒るのか。

それは、自分が特別扱いをされていない、大切にされていない、と感じた時です。

下記は、お客様が特別扱いをされていると感じていただける方法の一部です。

① アフター、もしくは別の日の(お食事などの)約束を取り付ける
② 「ちょっと仕事してきますね。」と言う。(明美ママが良く言ってましたが、さすがだな、と思います)
③ ヘルプと仲良くさせる。(それでいて、ヤキモチの演技をする)
  「別の席から、見てたんだから。」みたいな。。。
④ (最低限の礼儀ですが)お会計の際や、お見送りは必ず席に戻る。
⑤ 「ごめんなさい」ではなく「私が残念。」のスタンスで。

また、前提として、私はこの仕事を頑張っている、
そして、あなた(お客様)にも応援してもらえると嬉しい
と言うことを伝わっている必要があります。

指名が重なる=売れっ子。
売れっ子で忙しい●●ちゃんが、俺を特別扱いしてくれて、別で時間も作ってくれる。
ヘルプの子も良い子だし、ヤキモチもやいてくれる。

そんなシチュエーションに満足するわけです。

そもそも、お店の商品と同じで売れている商品の方が
心情としては、買いたくなるわけなので、
この流れでは、席に着く時間が短かえれば短いほど、
上記のことさえできていれば、お客様の満足度は上がるわけです。

しかも、座っている時間が短いので、常に新鮮で楽しい会話ができます。

限りある接客時間を有効に使えば、売上に限界はできないはずなのです。
逆に、接客時間だけで勝負をすると、
すぐに売上の限界は見えます。

これでもうお客様が重なることは怖くありません。
ジャンジャン集客しましょう!

 

]]>
https://omizu-concierge.com/omizudaigaku/pro-3/feed/ 0