効果的なメールの文章

woman uses a smartphone

何度も繰り返してしまうようですが、
「なんて送って良いかわからないから、送らない。」よりは、
文章なんて何でも良いから「とにかく送る。」という方が百倍マシです。

何のアプローチもなければ、あなたの存在は、ないも同然
完全に忘れられたままです。

しかし、何でも良いので、メールをすればまずはスタートラインに立てるということです。

それでも、どうせ送るなら効果的なメールを送りたい、という気持ちはわかります。

いつもやり取りしているお客様とのメールなら、なんとなく作れるけれど
反応のない方にはなんてメールしたら良いの?ってことですよね?

①返信のない方には文章を変える必要ないんです。
※接客後すぐのアプローチに関しては、接客中の内容を盛り込んで、
個人ごとに変えた方が良いですが。。。

②自分の近況&それに対する自分なりの思ったこと。
※あなた自信の人となりがわかる文章を入れる必要があります。
「芯」がしっかりした「良い子」だな、と思われる内容で。
ただし、あまりにも自分の主張が多すぎると、「はぁ?だから?」と思われてしまうので、
控えめに。(1~2文くらい)

③数回に一回は、お食事などのお誘い
※返信が全くない方が、自分のお店にいきなり来てくれるということは
ほとんどないでしょう。お客様が、お店の住所を地図で調べて、地図を頼りに
来店してくれる、なんてこと、想像つきます?
それよりは、外でお食事をして、お食事が楽しかったら同伴してあげうようかな、
と思っている方は多いと思います。(それならお店に入りやすいですし)

④相手への気遣いでしめ。

文章は長くなくて良いです。
(女性はダラダラと長いメールをしてしまいがちですが、逆効果な場合が多いようです)

大前提として、送信先が少なくとも100件、平均500件、ママクラスは1000~5000件、
という数値であることをお忘れなく。
(数が足りない場合には、とにかく集めてください)

では、早速今日からのメールに使ってみてくださいね!

 

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る