効果的なメールの法則

03.名刺の管理方法〜リアルな現状を踏まえて〜

効果的なメールを教えてほしい。

私に一番多い相談ではないかと思う。

まず、前置きが3つある。

(1)効果的なメールとは、返信の多いメールではない。
来店につながるメールのこと。

(2)効果的なメールに悩み過ぎて何も連絡をしないよりは
どんな内容であっても、メールをする方が100倍ましであるということ。

(3)メールで再来店率をアップしても、その後の接客やアフターフォローによっては
結局二度と来店されない、ということが多々あること。

メールは、人それぞれ、ニュアンスや、関係性で
言葉遣いや表現方法が変わるので、
今までの自分のメールの延長で問題ないと思う。

その上で、普段リアクションのない方へのメールは
下記の6点を押さえておくこととをお勧めします。

①相手への気遣い
いわば相手にとっては、ほとんどメリットのないメールが
大抵は、忙しい仕事中に送るメールなのだから
当然気遣いを忘れてはいけない。

「お仕事お忙しい中、お邪魔してすみません。」
「今朝は寒かったですが、風邪などひいてませんか?」

②自分の近況報告
できるだけプライベートに触れる具体的な内容が良いです。

「私はこの週末、母と箱根の温泉に行ってきました。
家族旅行は何度も行っていますが、母と二人の旅行は今回が初めてだったので
なんだか照れくさかったです。そして案の定、結婚しないのか、と
旅行中何度も突っ込まれましたが(;´Д`)」
・・・みたいな・・・

※この近況報告が重要で、
・この子いい子だな
・この子、意外としっかりしているのだな

信頼を獲得するために、人となりや価値観をさりげなく伝え
自分のイメージ像を相手の頭の中に作ってもらうのです。

一説によると、水商売で受けの良い女の子は
ポジティブなのだけど、過去などにどこか影がああって、どちらかというと不幸な運命・・・
な感じの方が良いそうです(笑)

私は、そんなキャラ作りは無理ですが。

③相手と会った時の会話の内容を覚えていたら、それに触れる内容を書く

「そういえば、●●さんは釣りがお料理をなさるのでしたよね?
私も最近料理に凝っていて、●●さんほどお上手じゃないですけど、
一日一回は自炊するようにしているんです。お料理って、やりだすと楽しいですね♪」
・・・とか・・・

④一度会う約束を取り付ける(都合を聞く)
これも営業戦略によりますが、ハードルを下げてあげるのもお勧めです。

ホステス=お金がかかる。高級レストランに連れていかなければ不満がられそう。
というイメージがある場合が多いので。B級グルメに誘うとか、ありだと思います。
正直、食事の内容なんて、ほとんどどうでもいいじゃないですか!?
同伴してくれればどこで美味しい☆(笑)

「先日、お友達から美味しいおでんのお店を教えてもらったんです!
●さんと日本酒飲みながら、寒い冬におでんなんて素敵んだなァ、、、と思うのですが
●さんは、今月お食事できるお時間なんてありませんか?」
・・・などなど・・・

絶対ゲットしたい大物そうなお客様なら、むしろこちらからご馳走してしまうなんてのは
銀座の技です。
その際は、もちろん、相手に気づかれないうちにトイレに立ったついでに
お会計が「粋」ですよ!

普通の男性なら、この「借り」は何倍にもして返してくれるはず。

⑤相手の名前を少なくとも3か所は入れる。

理由1:例え内容はコピペでも、名前が入っているだけで
自分だけに送ってくれたメールに見えるから。

理由2:もしも「これみんなに送っているに違いない」と思ったとしても、
名前が入っているだけで一生懸命さが伝わるので悪い気はしないから。

⑥最後に、重要なポイント!
あまり長くし過ぎない。

女子は、長くしすぎちゃうんですよね。

上記を全て完璧に入れようと思うと確かに長くなりますが
これは毎回全部入れる必要はなく、メリハリをつけて、
でも定期的に送り続ける、という意味です。

携帯メールをPCからのメール拒否にしていて、
「メールを送ったのに返信が来ない!」(そりゃこないわ!)と
嘆いている初歩的なミスを犯している方も
少なくないようですので、お気をつけて!

 

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る