お願い営業「同伴してぇ♡」

16.お願い営業「同伴してぇ♡」2

こんなホステスさんがいる。「同伴してぇ(^_-)-☆」「今月ノルマが厳しいの(>_<)」こんな子は、絶対に売れない。なぜか。自分のことしか考えていないからだ。

甘えられることが嬉しい、という男性も中にはいるかもしれない。ただ、それだけに喜びを感じる男性は超少数派。お願いして、何か自分の願いを叶えてもらうと、それで得たメリット以上のデメリットが、必ず後からやってくる。見返りを求めない男性なんて、いないと思った方が良い。

それ以前に、お願いをされてその通りにすることは(人の思う通りに動かされていると感じるようなことは)男性だけじゃなく、誰だって嫌なので、自発的な気持ちさえ失せてしまう可能性がある。お願い営業は絶対にしてはいけない。

では、どうすればいいか。自発的に来店してくれる方法を考えるのみである。また、プライベートでも、彼氏にロマンチックなサプライズでお誕生日をお祝いしてほしければ、あなたが、彼氏の誕生日に、ロマンチックなサプライズを実行する必要がある。あなたを愛しているのに、彼氏があなたの思うような行動をしてくれないのだとしたら彼氏は悪気なく、それがどういうものかを知らないだけなのだ。あなたが何かをしてほしいのなら、あなたがそれをしてあげればいい。

お願い営業は、今日からやめよう!

 

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る