売上を落としてしまう店外デートの法則 続き

a1180_009487

前回の続きで、売上を落としてしまう店外デートのお話です。ダメな店外デートとは、

  1. 何度も外でばかり会う
  2. 店外デートがお客様にとってつまらなかった
  3. お客様と間違った恋愛をする

1.の落とし穴は、「店外デート一回の法則」を守らなかったことでおこります。一度デートしたのに、来店してくれそうでしてくれない。これが続くと、「しょうがない。もう一度付き合っておくか。」と言う気持ちになってしまうわけです。しかし、ここで、もう一度付き合ってはいけません。この子は、来店してくれなくても付き合ってくれる、とお客様は認識します。だから、店外デートは一回まで。一回食事などして来てくれなくても後はメールなどでのやり取りにとどめます。そして、お客様はまた会いたければどうすれば会えるかを初めて考えます。そして、来店につながるわけです。

2.ですが、店外デートの最中や、その後のメールで営業色を出してはいけません。全てが台無しになります。「つきあってあげてるのよ。」「今度はお店に来てよね。」「こんなところでお金使うくらいなら、店で使いなさいよ。」ちょっと思っちゃいますよね~(笑)でも、外で会ったからには、お店の時同様、楽しい時間を過ごしてもらうことに徹します。その場が楽しければ、そんなつもりじゃなかったのに同伴してくれたりもしますし。

3.は、お店が心配するお客様との恋愛。これは悪いわけではありませんが、認識を間違えないことです。「好きな人に無駄なお金を使わせたくない。」その女心もわかりますが、それは違います。あなたに使わなければ他の子に使うまでです。もしくは、あなたにはそのくらいのお金を使って口説く価値がないのかもしれません。本気なら、全財産使うくらいの誠意を見せてください、と思います。それに、考えてみればお店に好きな人がいてくれるってだけで、仕事が楽しくなりますし、張りきれるでしょう?だから、恋愛してても売上は落ちません。

結論です。しっかりとした目的をもってさえいれば、同伴と言わずに店外でお食事をするべきです。その場を盛り上げて、でも、同伴してくれたら嬉しい、という気持ちも伝える。(本気で分かってないってだけの人もいますから。)「あ!もうこんな時間(涙)出勤しなくちゃいけないけど…。もっと一緒にいたいのに…。お店、一緒に行ってくれたりしませんか?」みたいな感じです。

頑張ってください\(^o^)/

 

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る