体の関係を求められた時の対応例

night

夜のお誘いとリピートの関係

あるホステスさんから、こんな質問を受けました。

私は北新地でホステスをしている20歳です。年若いせいか、見た目のせいか、直接的な言葉で夜のお誘いを受ける事が多いです。体の関係は一切もっていません。(そのため、同伴はできてもすぐに切れてしまいます。)その場の、会話の流れを壊さないかわし方がわかりません。香織さんなら、どうやって受け答えしますか?

1つ言えることは、体の関係を持っていないなら、お客様がリピートしてくれる可能性を秘めています。基本的には、男性は追いかける本能が備わっているので、手に入ってしまっては、以前ほど興味を持たなくなるのです。それに、常連さんの多い女の子はお客様みんなとそういうことになっていたら・・・それは大変な事態です!!(笑)

ゲームをどれだけ楽しんでもらうか

とはいえ、誘われるのはなぜか、誘われた時の対応は、永遠のテーマですよね。プロと素人の明確な差が出るのがこのあたりかと思います。私の場合、お誘いを受けても、そのこと自体は何とも思いません。なんというか、お客様流の挨拶みたいなものと認識します(笑)

そして、ここからゲームのスタートなわけです。お客様は、手ごわそうな相手を打ち負かすゲームをするために、お金を払って飲みに来ています。もちろんそうじゃない人は多いですが、誘う方は大体そうです。ゲームセンターのゲームと同じ。それをリアルでやりたいのでしょう。だから、極力、お客様に楽しんで頂くことを考えます。

なぜお客様は誘ってくるのか

その第一歩として、お客様はなぜ誘ってくるのかを知る必要があります。

ただ単純に性的欲求を満たしたいだけであれば、風俗にいった方が結果的にはよほど安上がりでしょうから、そうではありません。もしくは、本気でその子と恋愛をしたいかというと、多くのお客様には、奥様や彼女がいるわけなので、それを壊してまで恋愛をしようと思う方はいないでしょう。それが前提です。

誘う理由は、女の子の反応を見たいからです。誘いにすぐにのってきたら、「まぁ、ラッキー・・・」くらいには思うのでしょうけど、魅力は感じません。誘いを断ったら「なんだ。じゃあこれ以上この子に時間やお金をかけても意味がないな」と思うでしょう。だから、もちろんどちらもNG。

そして、贅沢を言えば、慣れた感じの受け流しも「こいつ、プロだな。俺じゃ無理かもしれない。」というのでもNG。あくまでも、一人の若くてかわいい清楚で健気な女の子が、自分のことが大好きで、付き合うことになるのだけど、「奥様と別れて。」なんて言わない、物分かりの良い女で・・・というのが男性の自分勝手な理想像です。

そんなうまい話、ないに決まってるだろう!!!と言ってしまえばそれまでですが極力その男性の頭の中の妄想を盛り上げてあげようではありませんか!そう、これはゲームなのです。

 

信頼関係の構築

一度そういったきわどい段階を経て、関係性を男女から、人と人との信頼関係へと発展させていくわけです。だから、そんなに簡単に受け流してしまってはダメですね。

分かりやすく言うと、ドギマギしながら(←もちろん演技ですが)「え、、、そんな、、、嬉しい。恥ずかしい。それは、私のことを好きってことかしら。それなら、あなたのことをもっと知りたい。だから、もっと会いましょう。もっと誠意を見せてほしい。(=お金を使ってほしい。)」ということになるわけです。

実際、大好きな彼氏が、口では好きだと言っていても、デート代を全部あなたに払わせていたら、「あれ?好かれていない。」 と思うでしょう?誠実じゃない人と、付き合えませんよね。お客様も同じです。

そして、沢山会っているうちに、相手の尊敬できる部分を見つけ、心から尊敬し、それを伝えているうちに、男女関係じゃなくても、敬意を払うべき信頼関係を築けるはずなのです。

きっかけはどうであれ、全部が全部、小手先や、うわべだけであしらおうとすればするほど、深みにはまる気がします。まずは、そのお客様を一人の社会人として、または人間として、心から尊敬するところからだと思います。

お酒の席ではふざけたことばかり言っている人でも、お仕事の場ではすごい人だったりしますしね。本当はとっても優しい人だったりもします。

 

ご質問者様へ

これが絶対正しいというわけでもありませんが、お客様の心を動かすためには、まずは自分の心を動かさなければいけません。意外なことに、根本的なところは、綺麗事の世界だと私は思います。騙し騙され、ということだけでは、長期的な成功は遠いかと思います。是非あなたの人間力でお客様を惹き付けてみてください!

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?読んで満足するだけでは意味がありません。是非実践してみた感想をコメント欄にご記入くださいね。 

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • ななみ
    • 2014年 11月 15日

    毎日何度も読み直して勉強させて頂いております。

    昼職もしていて休みが平日位しかないと嘘をついて
    店外で会うのを避けていました
    食事にご一緒するのは無料チケットを配布する事なのなので良いとか、この記事も拝見させていただきあしらうだけではそこでおしまいだと考えが変わりました

    香織お姉様のお陰です(*^^*)ありがうございまありがうございました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る