あるキャバ嬢さんからの営業メールについてのご質問

03.名刺の管理方法〜リアルな現状を踏まえて〜

先日のご質問の続きです。まずはご質問の要点を振り返ってみましょう。

(1)週に700件ほどにメールでアプローチ、お店の外での営業はほとんどしていないが、 どの程度売上があがるものなのか (2)来店なく3年間メール営業だけのお客様がいるが、続けるべきか (3)メールのやり取りをしていたお客様が別の子を指名した。 今後の対策としては、もっとメールの頻度を増やすべきか。メールの内容が悪いのか。

まず1点目に関しては、先日の記事売上と営業メールの関係性で回答させていただきました。ですので、今回は、2点目以降についてご回答させて頂きます。

営業メールはどのくらいの期間続けるべきか

きっとどのくらいの期間営業をし続けるか、というのは、皆さん疑問に思う点ですよね?特に悩むのは、お客様の中でも以下に分類される方だと思います。

  • 来店がないし、返信もない
  • 来店がないが、返信はある

あまりに長く連絡し続けるとしつこいと思われるかな、とか。これだけメールしても来店しないということは、もう来店はないんじゃないか。とか。しかし、私の答えは、あえてこちらから切るべきではないと思うんです。 なぜなら多くのキャバ嬢さん、ホステスさんがそうやって連絡を止めていくからです。皆が勝手に脱落していくのです。ずっと健気に連絡し続けてくれる女の子がどんな子だったか気にならないはずはありません。(あくまで確率論です。) なので、お答えからすると、お客様から「迷惑だ」とか「もうメールしないでくれ」と言われない限りやめない、です。

お客様のプライベート・・・?

さて次に、少し質問の本題からはずれますが、あえてここで営業への考え方についてお伝えしたいと思います。 現在、質問者様は、土日はお客様のプライベートを考え連絡しないようにしているとのことですが、土日の連絡が有効かどうかはさておき、「お客様のプライベートだから」という理由はしっくりきません。なぜなら、お客様があなたと会う時間は、ほとんどの場合は、お客様にとってプライベートの時間だからです。あなたが先回りしてきっと嫌だろうなと思って行動しなかったことでも、お客様はそうとは思わず、逆に行動しなかったことによってあなたが損をしている、ということはきっとあると思います。 と言っても、あなた自身のプライベートをなくしてまで無理をすべきだとも思いません。ただ、考え方として、推測ではなく、ある一定数のお客様から土日の連絡は迷惑だと聞いたとか、営業メールをしても別の曜日と比べ返信率が著しく悪い等客観的な数字で、行動を判断して欲しいと思います。

時間の使い方を考えてみる

オミズコンシェルの公式アプリでもある営業メールアプリLegendは、まさに、あなたのような方に使ってい頂きたいと思っています。なぜなら、3年間もメールでのやり取りだけの人には、本来あなたの貴重な時間を割くべきではないと思うからです。しかし、そんな方でも先ほどお伝えした通り、私はあえてこちらから切るべきではないと思います。 1つ言えるのは、全く連絡のない方に対して、個別に文面を変えたとしても、相手にあなたのの努力は伝わりません。少なくともかけている労力に対する見返りが少なすぎます。文面を個別に作り替える努力より、あなたが今までやってこられたように、定期的にメールを送り続ける努力の方が余程、来店に繋がります。 また、今まで例えば、200通を送るのに3時間以上かかっていたのだとしたら、Legend(他の一斉メールソフトでも)を活用すれば5分で終えることができます。名前を変え忘れるなどのミスもなくなります。 伝えたいことは、「ただの作業」をできるだけ減らして、常連さんのフォローをする等の売上に繋がる時間に使うという、「時間配分の仕方」。これが極めて重要だということです。

来店に繋がるメールを作るヒント

また、メールに関してですが、「どういうメールの内容が良いのか」というのは、あなた自身が例えば、どういう内容だったら食いつくかで、じっくり考えてみると良いです。 例えば、私なら一度しか行ったことのないホストクラブのホストから、「お仕事お疲れ!今日も暑いね。」のような内容が送られて来たら、迷惑メールと同等だと感じます。 一方、こんなメールが来たら食いつきます。「今、ソムリエの勉強を頑張ってるんだけど、奥が深くて難しい〜(>_<)産地が多くて大変なんだけど、土壌によってだいぶ味に幅がでるんだって、面白いね。香織ちゃんはワイン好き?」 つまり、日常のふーんで終わるどうでもよいつぶやきは、もはや営業メールにしか見えないけれど、そうではなく、その方の見た目や普段の態度から受ける印象と、メールにギャップがある方(すごくノリが良くて遊んでそうなのに、前向きに勉強している等)や純粋に何かを頑張っている方に対しては少し見る目が変わり「この人、いい人かも。」と思うようになるのではないでしょうか。きっとあなたにもそんな経験があるはずです。そのご自身のご経験を思い出してみて欲しいのです。

お客様が他の女の子にとられた!!

メールをしていたけれど他の女の子を指名していた・・・その原因は、多分ですが、その子はそのお客様と一度お店の外で会っていたからだと思います。お客様の好みもあるとは思いますが、両方ともタイプだった場合、より自分に尽くしてくれた女の子に男心は動くものです。誰かに何かをしてもらおうと思ったら、自分から先に尽くすことが鍵になります。頑張っていれば頑張っているほど悔しい気持ちも分かりますが、気持ちのあり方として、皆営業をかけているのだから、一定層はそういうお客様も出てくると割り切ることも大事です。

あなたへのメッセージ

今回はご質問をありがとうございました。頑張っているのに思うように成果がでないと悩んでいるホステスさん、キャバ嬢さんはたくさんいらっしゃると思いますので、あなたの質問はきっと多くの方の参考になったと思います。 さて、前回の内容と合わせて考えますと、現在のあなたは、なかなか成果が出にくい部分に労力を使ってしまい、肝心なところに使えていないような気がしてしまい、私はその点をとても心配しています。このタイミングで、これまでの営業を見直すことはとても大事だと思いますので、今一度、営業のスタンス、メール営業の仕方、文面の内容をじっくり考えてみてはどうでしょうか。 とはいえ、あなたのその一生懸命さは、類希なるスペシャルな才能だと思います。そのエネルギーを、もっと効率よく使えるようになると、今の数字が大きく変わると思いますよ。頑張ってください。応援しています!   さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?読んで満足するだけでは意味がありません。是非実践してみた感想をコメント欄にご記入くださいね。

ご感想はコメント欄へ、ご質問はFacebookページまでお気軽にどうぞ。


★オミズコンシェル公認★売上を本気で上げたいホステスさんへ
ユーザーの7割以上が売上アップを実感しています


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

甲賀 香織元銀座No.1ホステス。株式会社True Heart代表取締役。

「ホステス」「ブログ」で検索すると、検索第1位で表示される「元銀座ホステス香織の恋愛力(営業力!?)UPブログ」は、元祖ホステスの営業の指南書として水商売に携わるホステスさん、キャバ嬢さん、ママさん、オーナーさんなど幅広くに愛読されている。より実践がしやすいものをと、今回オミズコンシェルにて無料ブログ講座を担当。各記事のコメント欄で実践した感想を、オミズコンシェルのFacebookページで質問も随時受付中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 質問させて頂いた者です
    • 2014年 8月 15日

    お忙しいなか、回答ありがとうございました。
    具体的に、かつ的確に答えて頂いて、とても勉強になりました。
    なるほどと思う部分、分かってはいたつもりでも出来ていなかった部分を再確認でき、
    大変大きなヒントを得させて頂きました。

    このようなことを周りになかなか相談することも出来ないので(キャバクラというのもあり聞いても手の内を明かさないというのもあるので)、悩んでいたのですが霧が晴れてスッキリ致しました。
    お言葉を胸に、また頑張っていきたいと思います!

    legend使用も同じく考えてみようと思います。
    この度は本当にありがとうございました。

      • 甲賀 香織
      • 2014年 8月 15日

      ご質問者様

      コメントありがとうござました。
      また実践されてみて、感じたことなどがありましたら、
      是非他の方のためにもシェアして頂けると嬉しいです(^^)

      壁にぶつかりながらも乗り越えていくことは、
      この仕事だけでなく、これからの人生においてきっと役に立つはずです。
      頑張ってください!

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る