誕生ストーリー 〜開発編〜

birth3

では、どうしたら使いやすいものになるだろう。最低条件は4つ

  1. パソコンではなく携帯電話で操作できること
  2. 自分のメールアドレスから送れること
  3. メールに名前が挿入できること
  4. 誰でも簡単に操作ができること

でも絵文字が使えないそれが懸念材料でした。でも、絵文字から顔文字のメールにした時のお客様の反応率を見る実験でほとんど変わりがない、という結果が出たので、安心しました。また、一斉メールはどうしても迷惑メールフィルターではじかれてしまう、これも課題でした。

これは、システムの機能などの優劣ではなく、メールを受け取るお客様側の設定の問題なので一般的には、「仕方がない。」で片づけられてしまう問題です。しかし、ホステスとしての心情は「一人たりともチャンスを逃したくない。。。」だから、送信エラーのリストにアプローチができる仕組みを加えました。

日々、ユーザー様の生の声を聞いて、機能をブラッシュアップするようにしています。

>誕生ストーリー 〜販売編〜へつづく



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る